東京での実務者研修

東京で実務者研修を受講する方へ

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

実務者研修東京について

日本ロングライフの介護とサービス

日本ロングライフの介護とは?

日本ロングライフは、高級有料老人ホームとして知られていますが、その質の高さは介護のレベルにおいても高い評価を得ています。
それは社内に開発チームを設けて、ケアの専門家や各種業界の専門家を集めて、ミーティングを行い、快適さだけではない介護が出来る配慮がされているからです。

例えば専門家の中には、ケアの専門家の他に、建築家や設計士、造園家、インテリアデザイナーなども含まれていて、それらの専門的な観点から、利用者の五感に訴えるような心地よい空間作りにも専念しています。

単純に介護だけをする、そういうものではない、心身共に安らぎや癒し、快適さ、安心などを得られるような総合的な介護と言うものを目指しています。
有料老人ホームとして知られていますが、グループホームもあり、その質は落ちる事なく適用されています。

グループホームの場合は認知症の方が対象となりますが、どの施設も前述したようにさまざまな配慮がされているので、和風、洋風などの違いは若干あっても、全てにおいて満足出来るような環境と介護を目指しています。

実際の介護の現場では大きな感動と日々が訓練の場

日本ロングライフで働くスタッフは、もちろん厳しい審査をクリアした逸材揃いですが、その中でも研修については考えを深める場、大切な時間と受け止める方が多くいます。

介護業界では良く研修制度が充実しているから大丈夫と言うようなキャッチコピーのようなものが多くありますが、それらとはひと味もふた味も違う重きを置いた印象を受けます。

研修と言うと知識や技術を習得する場と言うイメージが強くありますが、それだけにとどまらないのが日本ロングライフです。

常に利用者の立場に立って物事を考え、対処すると言うところから出発しているからこそ、こうしたスタッフが数多く在籍しているのです。
介護だからと言っても非常にやりがいのある空間と言う事が良く分かります。

日本ロングライフの給料や年収ならこちらのランキングサイト

介護求人ナビは企業の求人もピックアップ

介護求人ナビは使いやすさも特徴的

介護求人ナビは、たくさんある介護系求人情報サイトの中でもわかりやすくて見やすいと言う特徴があります。

単純にエリアだけの検索だけでは無くて、全ての求人の職種、雇用形態、所持している資格、キーワードから検索出来、それぞれのリンクがトップページにあるので、いちいち検索し直すような事をしなくても良く、非常に使い勝手の良いサイトとしても知られています。

例えば、介護職やヘルパーの仕事を検索したい場合は、およそ三万二千件もある求人情報をワンクリックするだけで全国の情報を見る事が出来ますし、なおかつそこでエリアや沿線によって絞り込んで行けば、ぱぱっとすぐに欲しい情報を見る事が出来ます。

同様に雇用形態や所持している資格などについてもエリアと組み合わせる事で一発検索が出来る可能性があり、非常に便利に利用する事が出来ます。
介護職の求人情報と言ってもそれに関連する業務の求人情報もありますから、介護系の資格が無くても、その他の仕事を探す事も可能です。

注目企業の情報も満載

介護求人は企業が発信している事もあります。
そのため、大手企業の注目度が高いところでは、ピックアップされている情報をアピールしており、さまざまな優遇やサポートを受けられることも魅力です。

例えば、リハビリ型のデイサービスをメインとしているような企業では、土日が休みだったり、介護予防を目的としたリハビリなどを行う人材を求めています。
これらの情報はトップページで一目でわかるようになっているので、非常に目を惹くものがあります。

また、未経験者歓迎の求人を出している企業もあり、そう言った企業の場合も、同様に一目見てわかるようになっているので、見た事がある企業だった場合には、すぐにチェックしておく事がおすすめです。
企業の求人情報の発信も見逃さないところは、求人情報を一つずつチェックしていくよりも効率的なので、是非活用したいところです。

介護求人ナビの特徴やメリットが見たい方はこちら

ニチイケアパレスの介護士求人が人気の理由とは

ニチイケアパレスの介護士として働く時のフォロー体制

ニチイケアパレスで介護士の求人情報を元に、働きたい場合、全ての人が独身とは限りません。
場合によっては既婚で家族がいたり、お子さんがいる女性も多く存在します。
そう言った場合にも堂々と働けるようにニチイケアパレスでは介護士としての仕事とは別に、子育て支援を行っています。

子育て支援の主なものでは半日休暇制度の導入や短時間勤務の対象者範囲の拡大等を行っていて、お子さんに万一の事がある、行事がある、何らかの事情で長時間勤務に対応出来ないと言う場合にも、対処してもらう事が出来ます。

さらに介護士としていずれは経験するであろう他の介護についても対応がなされています。

働きながら家族の介護をする事も出来る

介護士にとって家族が介護状態になった時のケアほど、歯がゆい思いをする事はありません。
介護するために介護職を辞めて自宅でのケアに徹する、理屈ではわかっていても納得が出来るのかどうかと言う点では難しい判断になります。

こうしたケースにも対応するように介護離職を敷設ために仕事と介護を両立できる職場環境の整備を行っています。
主なものでは、所定勤務の制限規定を追加したり、年次有給休暇を時効消滅させないで、積み立てるなどして、家族のために利用すると言う仕組みを確立させています。

こうした有給休暇の使い方や積み立てが出来ると、いざ万一の時には非常に役立ちますし、有給休暇なので報酬も発生しますから、介護をしている為に働けない、貧困に悩むと言う事も無くなるでしょう。

こうした取り組みがあるので、ニチイケアパレスの介護士の求人情報はとても人気があり、万全のサポート体制があるからこそ、人材が育つと言われています。

このようなシステムを利用するには、ある程度の現場との相談や調整も必要になりますが、企業が中心となって行っているものなので、堂々と休暇を取る事が可能ですし、うしろめたさも無くなると言えます。

ニチイケアパレスの給料や年収が気になる方はこちら

パソナライフケアの介護士募集とその他の仕事

パソナライフケアは働き方が選べる介護士を募集中

パソナライフケアでは、選べる三つの働き方で介護士の募集を行っています。
その三つの働き方は一般派遣と、紹介予定派遣、転職支援です。

それぞれに、特徴がありますが、詳しい内容は次の通りです。

・一般派遣

派遣スタッフと派遣会社の間で雇用契約が成り立ち、派遣される就業先で仕事をすると言うタイプ。

・紹介予定派遣

一定期間、あるいは最長六ケ月派遣スタッフとして勤務をして、その後合意があれば直接勤務先に雇用されると言うシステムです。
実際に現場である程度働いてみる事が出来るので、自分に合っているかどうかも職場に馴染めそうかどうかも確かめる事が出来ます。

・転職支援

福祉業界に特化したスタッフが正社員か契約社員として転職活動をサポートしてくれるシステムです。
これは履歴書の段階から無料でチェックしてもらえるので、現場を離れてブランクがある方にも人気があります。

主な就職先は多岐に渡る

主な就職先は、介護業界でも大きく二つに分かれます。
高齢者の施設か、障害者(児)の支援施設です。

どちらの場合も、ホームやグループホーム、デイサービスから訪問介護系などさまざまな施設がありますので、ライフスタイルに合わせた職場選びが出来ます。

場合によっては、夜勤だけ、日勤だけと言うような選択も出来るので、しっかりと相談をして決める事がおすすめです。

その他では、保育施設や一般企業があります。
これらは、認可、認可外保育所を始め、事務関係、病院内、その他では、介護機器メーカーや医療機器メーカー、福祉用具レンタルなど、さまざまな種類があります。

一般企業でも、福祉関連の職場はさまざまなものがありますから、介護士とは違う目線でサポートして行くと言う考え方をすれば、非常にやりがいのある職場です。

栄養管理やおむつメーカーなどもありますから、福祉と言う広い枠の中で、実力を発揮するには申し分ない世界が広がります。

パソナライフケアの口コミ・評判が見たい方はこちら

実務者研修 初任者研修 違い

「介護職員初任者研修とは」

介護職員初任者研修は介護福祉士の資格を取得するのに必要な項目であり、かつてはホームヘルパー二級研修と呼ばれていました。
初任者研修という名前にある通り介護に必要な知識や項目などを沢山学ぶことが出来る研修ですので初めて介護の資格を得る為にはこの初任者研修を受ける事が必須です。
主に講習が中心となる研修ですので自分のペースに合わせた学習法が実践出来、更に自宅での通信講習も可能なので普段仕事などで忙しい方でも無理なく研修を受けられる点が注目されています。

「介護実務者研修にはどのような実習を行うのか」

立派な介護士になる為には知識だけでなく長い期間での実習訓練が必要不可欠であり、実務者研修では実際に介護の方法や特殊な介護実習等を行ってくれます。
またヘルパー二級や基礎研修修了者であれば一部の研修が免除されるメリットがあるので資格を持っている方は早速受けてみましょう。
介護実務者研修を修了してもその後は約三年間にも及ぶ実習訓練を行う必要がある分、介護福祉士の国家試験における実務試験が免除されますので今後の事を考えるとこれは大きなメリットであると言えます。

「介護職員初任者研修と実務者研修との違い」

初任者研修は無資格者であれば最初に受けなければいけないという訳ではなく、無資格からいきなり介護職員実務者研修を受ける事も勿論可能です。
しかしその代わりに450時間もの講習時間を必要としており、更には実技試験もその場で行わなければいけないのでかなりハードな研修になる事が予想されます。
初任者研修ではその点初めて介護について触れる方でも分かりやすく解説してくれるので理解を深めやすく、初任者研修の資格を無事に取得する事が出来れば実務者研修で必要となる講習の一部が免除され講習時間が130時間分も短縮されるので出来る限り初任者研修を受けた方が良いです。
更に実務者研修の資格を手に入れる事が出来れば介護福祉士試験における実務試験が免除されますので介護福祉士を目指している方はこの二つの研修をしっかり受ける事をお勧めします。

実務者研修 取得方法

「介護福祉士実務者研修を受けるには」

一般的な介護福祉士資格取得に必要となる介護福祉士実務者研修は基本無資格者でも問題なく受講する事が出来、上手く資格を取得出来ればその後の国家資格試験に対して非常に有利になるので出来るだけ取っておいた方がお得です。

実務者研修を受ける為には実務者研修を行っている介護スクールなどに通う必要があり、費用は最低でも12万円から20万円程かかります。
取得するまでの目安は約半年分となるので出来るだけ時間に余裕があるときに限り受講した方が便利です。

「実務者研修における受講時間について」

通常実務者研修は450時間もの講習をしっかり受ける必要があるのですが中には例外もあります。

例えば介護福祉士初任者研修の資格又はヘルパー二級の資格を取得していれば130時間分が免除され、その時間分の費用が縮小される事にもなるので時間の短縮と共に費用の節約にも繋がるのです。

更に初任者研修と同等の資格であるヘルパー二級資格や介護職員基礎研修資格を持っている方であればさらに研修時間や費用が免除される事になりますので出来るだけ早い段階で実務者研修を終えたい方はまず他の資格を入手しておく事を考えておきましょう。

「他の研修では出来ない様々な実習訓練も行います」

実務者研修一番の注目は実際に介護に関する実習訓練が受けられる点で、介護に必要となる基本的な実習訓練を始め、特殊な介護を行う訓練まで行うので知識だけでなく直に体で介護を覚える事が出来るのです。

この実務経験は3年以上という長い年月をかけて行う必要がある分、代わりに介護福祉士の国家試験における実務試験が免除されるというメリットがある事も忘れてはいけません。

更に無事実務者研修の資格を取得出来ればサービス提供責任者という職務に就く事が可能であり、自分の手で訪問介護の事業所を開く事が出来ますので自分の介護所を開きたい方是非実務者研修を受けてみて下さい。

無料で実務者研修の資格取得を目指せる求人サイトがある

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行うサービスがあります。

かいご畑を運営しているニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

実務者研修も無料で受けられますし、他にも以下のような無料講座を受講することができます。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

実務者研修 正式名称

実務者研修 正式名称

「実務者研修とはどのような内容なのか」

実務者研修の正式名称は介護福祉士実務者研修という名称が一般的で、他にも介護職員実務者研修や介護実務者研修といった呼び方がありますがどの名称でも通用するものなのでこれらの名称で覚えても特に問題はありません。
実務者研修では主に450時間にも及ぶ講習を中心に行っており、また講習以外に実技研修も同時に行っているので初任者研修以上の経験を積むことが出来るでしょう。

「実務者研修を受ける上でのメリット」

国家資格の一つである介護福祉士資格を得る為には初任者研修資格を初めとした基本的な介護資格を得る必要があり、実務者研修資格はその内の一つに入ります。
実務者研修資格を持っていれば介護資格試験における実技試験が免除されるメリットが存在するので介護福祉士資格を入手したい方は予め実務者資格を入手しておくと良いです。
他にも実務者研修を修了した方にはサービス提供責任者の仕事に就くことが出来ます。
サービス提供責任者とは介護施設等を自営するのに必要な資格の一つであり、この資格を持っているだけで自分から介護の仕事を運営する事が可能です。

「実務者研修資格を取得するには」

実務者研修を受ける為には特に受講資格等は必要ありませんが、スクールによっては実務経験がある事やヘルパー二級及び初任者研修等を修了している事が条件とした場所もあるので受講資格項目に関しては前もって調べておく必要があります。
また研修時間は450時間程で期間は約半年分の期間を必要としている為、時間に余裕がある方に限り受講する事をお勧めします。
但し予めヘルパー二級資格や初任者研修資格を持っている方であればその限りではなく、更に130時間分の研修時間が免除されるので予定よりも早く研修を終える事が可能です。
また時間が免除される分費用も削減されるので出来るだけ費用を節約したい方は前もって初任者研修等の資格を入手しておいて下さい。

実務者研修 ヘルパー2級

「実務者研修によって得られるものとは」

実務者研修は高度な介護サービスを提供する為に必要な知識や技術の習得を目指す研修であり、介護福祉士を目指す上で必要不可欠な資格・要素として広く認識されています。
特に最新の介護展開や難しいとされる認知症の対処法についても学ぶことが出来、将来介護施設にて働いていく為に必要なスキルをしっかり身に着ける事も可能です。
初任者研修資格を無事に手に入れた方は続けて実務者研修を受けてみては如何でしょうか。

「ヘルパー二級資格を持っているとどんなメリットがあるのか」

現在では介護職員初任者研修として認知されていますが、かつて初任者研修はホームヘルパー二級としてヘルパーに関する初歩的な知識についての講習を行ってきました。
以前のヘルパー二級資格を持っている方はそのまま初任者研修資格を持っている事と同等として扱われるので再度初任者研修を受けなければいけない訳ではありません。
またヘルパー二級資格及び初任者研修資格を持つメリットとして実務者研修における研修時間が130時間分免除され、時間の短縮と共に費用の節約にもなるので正に一石二鳥の効果が期待できるのです。
勿論無資格でも実務者研修を受ける事は出来ますがその分450時間にも及ぶ講習・実技や高い費用をかける事に繋がるので出来れば初任者研修資格を取っておいた方が遥かに効率的と言えます。

「今後の介護福祉士国家試験において重要な要素となります」

平成28年度より介護福祉士国家試験を受ける為の条件として三年以上にも及ぶ実務経験に加えて実務者研修の修了が義務付けられる事になります。
その為成るべく実務者研修を受けておいた方がお得で、更に28年度までに実務者研修を修了しておけば介護福祉士国家試験での実技試験が免除されますので国家資格取得まで最短で取得可能です。
但し実技試験を免除する為には毎回の実技訓練に参加する事は勿論ですがそれに加えて毎年の六月までに実務者研修にお申込みした上で12月までに終了している事が条件となりますので出来るだけ早めの申し込みを行うようにして下さい。

実務者研修 ヘルパー1級

「実務者研修とホームヘルパー一級との関係」

現在行われている実務者研修はかつてホームヘルパー一級として講習が行われており、その他にも介護職員基礎研修を経て初めて介護福祉士国家試験を受ける事が出来ました。
しかし平成25年度より介護職員基礎研修とホームヘルパー一級が一本化され、新たに実務者研修として纏めて講習を受ける事が可能となりました。
これにより二つの講習が同時に受けられるので時間の短縮のみならず費用が加算される事がなくなる為誰でも気軽に講習を受ける事が出来るのです。
介護福祉士資格を入手するには実務者研修資格が必須となる為皆さんもしっかり研修を受けましょう。

「成るべく早めに研修を修了したいなら」

実務者研修を無事にクリアするには450時間にも及ぶ研修や実技を受ける必要があり、約半年近くの期間が必要とされているのですぐに実務者研修合格という訳にはいきません。
そこで重要となるのが介護福祉初任者研修でこの研修の資格を予め取得しておけば実務者研修における研修時間が130時間分免除され、他のヘルパー二級に代表される各資格を持っていれば更なる免除が期待出来ますので効率の良い時間の短縮が可能となります。
また研修時間が免除されるので同時に費用が節約できるという利点がある事も忘れてはいけません。

「介護施設を運営していく上で重要となるサービス提供責任者とは」

訪問式介護事業所ではサービス提供責任者と呼ばれる資格を持つ従業員を一人以上雇う必要があり、その分仕事が沢山用意しているので通常の業務よりも倍の仕事をこなす事になります。
しかし代わりに給与や待遇が格段に良くなるというメリットがあるのでサービス提供責任者になれば安定した職場に就くことが可能です。
この資格を得るためには初任者研修を修了した上で実務者研修及び三年以上の実技経験を積む必要がありますがそれに見合ったメリットを持っていますので介護施設で働きたいと考えている方は是非サービス提供責任者資格を取得してみては如何でしょうか。

実務者研修 有効期間

「介護福祉士になるには実務者研修を受ける必要があります」

国家資格の一つである介護福祉士資格を入手するにはある程度介護に関する資格を持っていた方が有利で、特に必要となるのが初任者研修と実務者研修の資格となります。
実務者研修の場合無資格でも受ける事が可能ですが、その代わりに450時間にも及ぶ講習時間を受ける必要があるので最低でも半年の期間を必要としている点に注意です。
最初に初任者研修資格を取得しておくと講習時間が130時間分免除されるだけでなく、その分の費用が節約できるので一石二鳥の効果が得られる事でしょう。
有効期限も特に決まってはいない為資格を取得した後は今後の進路についてじっくり考える事が出来るのも実務者研修資格の強みです。

「実務者研修は初任者研修も兼ねた講習を行います」

実務者研修は無資格の状態で講習を受けると長い時間をかけて実習や講習を受ける必要があるので余程時間に余裕がある方でなければ修了する事は難しいと思います。
しかし実務者研修を修了すると同時に初任者研修も修了した事になる為、どうしてもまとめて講義を受けたいというのであればすぐに実務者研修を受けてみては如何でしょうか。
注意点として研修内容やカリキュラムについては各スクールや施設によって異なっている場所が多いので予め入学する前にしっかりカリキュラム内容を確認して自分が一番効率よく講習できる学校を選んでおいて下さい。

「資格習得後の就職先について」

資格習得後はサービス提供責任者の仕事を請け負う事が出来る事もあり、様々な介護施設で働く事が出来ますが各スクールでは就職先の斡旋等は行っていないので自力で仕事先を探す必要があります。
ただ学校によっては介護施設の求人案内を行ってくれる所もあり、他にも不定期ではあるものの研修中にて求人ガイダンスを行う事もあるので資格習得後すぐに働きたいと思うのであればそれらのガイダンスを受けてみる事をお勧めします。

実務者研修の基礎知識

実務者研修の勉強方法

実務者研修 クチコミ・評判